自分は大丈夫か|ゾロフトは個人輸入で手に入る|個人輸入代行ガイド

ゾロフトは個人輸入で手に入る|個人輸入代行ガイド

カプセルのイメージ

自分は大丈夫か

薬を飲もうとする様子

性感染症に感染してしまった場合、潜伏期間のあとに体に症状が現れます。
性感染症の種類によっても潜伏期間は変わりますが、淋病は潜伏期間が殆どありません。早い人であれば感染してから3日程度で症状が現れ、遅い人でも感染してから1週間程度で症状が現れます。
よって、淋病に感染しているかどうかというのは、比較的早期の段階で気づくことができます。

しかし、淋病は感染した場合でもあまり症状が現れません。
よって、自分が感染していることに気づかないまま過ごしてしまう…というケースも少なくありません。男性の場合は排尿時の痛みや膿が出るというような症状が起こりますが、女性の場合はおりものに量が増えたり臭いが出たりする程度です。そのため、淋病であることに気づきにくいので女性の方は特に注意が必要です。

では、どうすれば淋病から守ることができるのか?
一番の予防方法は性行為をしないということです。しかし、現代では全く性行為を断つということは難しいでしょう。
よって、性行為をしないという予防よりも、感染している可能性の高さに関わらず定期検査を行なうようにしましょう。
検査は病院や保健所で受けることが可能です。どうしても病院などへ行きたくないという場合には自分で検査キットを購入するという選択肢もあります。
自分で購入する検査キットは簡単に淋病に感染しているかどうか調べることができますし、誰にも知られず検査ができるので人気があります。

↑ ページトップへ